人の心を動かす教え

私の通っていた教習所は少し変わっていた。

 

これは今の時代ならではなのかもしれないけれど

教習所に入ると、最初にシートみたいなものに

「どんな指導をされたいか」というのを書く欄がある。

「打たれ弱いので優しい先生がいい、叱らないでほしい」

「ドMなのでドSな先生がいい」など、要望を書くのだ。

先生を指名することもできる。

 

そしてそこでは

「何曜日は占い師がくるよ」

「何曜日はネイリストがくるよ」など

教習所以外にもサービスがあるのだ。

完璧に商業施設だ!

 

そこにいる先生も個性的な方が多くて

ある先生は教習中に私が聞き上手だったからなのか

そこの会社の愚痴をずっとこぼしていた。

「社員旅行はどこにいったんだけどあそこがよかった」とか

「感想文を書かなきゃいけないんだけど

なんでそんなことしないといけないんだ」とか。

私は内心こいつすげえなと思いながらも

面白くて「それは大変ですな」と相槌をうちながら運転をしていた。(ただの先生を乗せたドライブ)

 

そして今でもたまに思い出すのは最後の路上教習。

最後の先生は、少し強面な感じのリーゼントっぽい先生だった。

他の先生とは雰囲気が違ったけど、違うのは雰囲気だけではなかった。

詳しい内容は覚えていないけれど、

教習所で習ったこととは違うことを先生はやっていいといった。

そして「前の車の流れについていってごらん」と言った。

 

先生はこう言った。

「教科書で習うことや先生が言うことは最もなことだけど

習うことと実際の現場は違う。

一旦道路に出たら、教科書通りのことよりも

道路で実際に走っている先輩から学んだ方がいい。

そこで何が良いのか、何が危ないのかを肌感で学ぶんだ」

 

先生!!!!!一生ついていきまっす!!!!

 

と内心思いながらもさらっと最後の路上教習は終わったのだが

その先生の言葉が今になってもたまーに頭をかすめる。

 

それはさながら「守・破・離」だ。

型や教わったことを守り

そこからそこをあえて破り

最後には指導者から離れ自分をさらに発展させる。

 

先生のその言葉は運転だけじゃなくて

人生の色んな場面において当てはまるなと感じた話で

今でもその言葉をふと思い出しては

私の人生は今どういう道だろう。教科書を気にして縛られているか。

破るべきところなのか。時代に乗るか。あえて外れるか。

などその時その時で自問自答する。

 

先生は学校の先生ではなく車の運転を教える先生だけど

私にとっての先生とはそういう存在だ。

ただの決められた教科書をただ伝えるという仕事ではなく

もっと広く深く、生きることについてまで通じることを教えてくれる人。

 

離れて何年も会わなくても、この先も会わなくても

先生の顔は薄ぼんやりと忘れていったとしても

先生が伝えてくれた教えは心に刻まれ生き続ける。

そして先生が死んだとしても想いは受け継がれていく。

そういうものを感じる時、人の素晴らしさ美しさを感じる。

こういう時、人間として生まれてよかったなと感じる。

保護中: 自分なりの三方良しを作る。*シ組*

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

私は良い人ではない。

人間としての癖や歪み、自己中さを書いてみる。

私には人に気を使ったり倫理的な部分に潔癖になる部分と、

めちゃくちゃ自己中心的な部分とが色濃く存在している。

 

なので

「私ってこんなことして嫌なやつ・・」とか

「私って正しくない・・」と思って今現在、自己嫌悪にある方は

この私の癖をみて「こいつほどじゃねえや」と思ってもらえるか

「それくらい自己中でもいいのかも!」と思ってもらえれば幸い。

 

思い起こすと、多くの人が経験していそうな

社会をまわすための仕事(上司や部下がいて、決まりごとがあって)を

私はしていない。

社会経験以前に、学生時代に遡ってもそうだ。

中学校の頃の部活も先輩後輩の概念が嫌いだったので

そういう概念というか関わり合いのない部活に入っていたし

自分が不快に感じる場所からは徹底して避けていた。

持久走も疲れるからしない。

プールは水着になるのが面倒くさいからしない。数学は8点。

大学の英語のクラス分けテストでABCのマーカー式の時なんかは

問題を全く見ないで色だけ適当に塗ってたら

まさかの上から2番目の優秀なクラスになっちゃって

結果自分が苦しむというまるちゃんのような展開になったよ。

 

自分にとって面白いと思えない情報に興味がないので

ツイッターでフォローしている人達で

顔見知りでも気にせずガンガンミュートする。

「付き合いだからフォローはするけど、

あなたの会話に興味はないのでミュートします。」ということだ。

文字にすると冷酷な感じがする。

でも正直な気持ちに従うとそうなる。

 

そして電話にでない。

話していてよっぽどテンションあがって

元気でるなーと思える人以外は(あと制作の話をするのでしょへすんとはする)

たとえ昔お世話になった人でもでない。

自分がこれをしたいと決めている時間に横槍をいれられると気が散るため。

ちなみに私の姉は私と正反対で、しょっちゅういろんな人に電話をかけている。

姉妹でもこうも違いがでるのかと驚く。

ちなみに姉から電話がかかってきても無視する。

 

ラインが来ても、興味がないと返信しないかすごく遅れて返信する。

その代わり、これは必要があると思った人には速攻で返す。

 

「私の人生の時間で何をするかは私が決めることなので

そこから外れているものは相手が誰でも容赦無く削ぎ落とします」といった感じ。

 

人に対する扱いが雑なように思われるかもしれない。(多分雑)

けれど自分にそれを思って実行している以上、相手にも強制を求めない。

相手の人生は相手が決めた通りに実行することが一番と思ってるので

友情関係は基本的に

お互い好きに生きろ、困ったことがあったら連絡しろ。

年一くらいで会って馬鹿話しよう。

それ以外は好きに生きてくれ、という感じで友達関係も成り立っている。

 

雑なようだが、そうではないのも少し。

 

私は店員さんには丁寧に礼儀正しく接すると決めている。(自分フォローのターン)

チラシを配る人に対しても、受け取らない時は一礼してから通りすぎる。

ドリンクバーや駐車券などがわからない人がいたら自分から声をかける。

私の中でこういう礼儀のような型はとてもとても大切にしている。

電話やラインは無視するが

ツイッターで知らない人からでもコメントはほぼ返している。(見落としてた方いたらごめんなさい)

偉ぶる気持ちやマウント皆無なので、

相手がどんな偉い立場の人でも小学生でも他人に対する態度は変えない。

ファンの人からのメールも見落としを抜かして大体9割方は1度は返信をするようにしている。

これは自分に宛ててくれた人への礼儀なので当然のことだと思っている。

私に時間を使ってくれた人を無視するのは、私の思う美しさに反している。

それを昔「シギはそういうフレンドリーさよりも高貴さをもった方がいいんじゃない?」

と言われたこともあったが、フレンドリーなつもりではなく当然の礼儀なのだ。

例外として、妄想を抱くなどの私が好まない人はすぐに警察に通報をする。

 

自分フォローを全開にしたところで、

「電話をでないことやラインを返さないことや人をミュートするのは

礼儀を欠いているのでは?!」と責められそうだけれど

そこははっきりこう伝える。「礼儀を欠いている!」と。

360度開き直るのだが(開き直りすぎて元の位置に戻って来ている)

自分のやりたいことやしたいことを優先して

人を雑にしてしまうのは日常茶飯事なのだ!!すまん!!!!これがわたし!

 

「これは人の礼儀として欠かすことはできませんよ」とドヤ顔でいってるのと

「これはめんどくせーもん、無視無視ー!」と鼻をほじってる私は

どっちも純粋に存在している。

だから、人が抜けてたりするのを責める気にならない。自分がそうだから。

あと全部が正しいとか品行方正よりも

自分独自のルールとか美学があって

それがはたからみると「そこでそんなこだわりだす!?」

「そこそんないい加減でいいん!?」って思えたりしちゃう

そんな人の方が私は惹かれる。でこぼこな感じ。

なんかこう自分が想像できない人の心や動きを持つ方が面白い。

でもそれが嫌悪感に思えたりめんどくさっと思う場合は

800kmくらい心の距離を置くけど。

 

相手は他人で、相手からみた私も他人。

だから干渉しないし、人が決めたことを尊重する。

いちいち何かをアドバイスしたりもしない。

求められたら、自分なりに真摯には答えるけども。

まぁとりあえず、やりたいならやってみたら?

それくらいライトな方が、自分の人生の速度も軽やかになりそう。

そんな風通しの良い付き合いがしたい。

そして面白いと思う相手の動きや生き方を見ていることが

自分自身の刺激にもつながる。

 

良い奴なのか嫌な奴なのかわからないけれど

人はわりとこんなもんで、どっちもあって、

見る人によっても好みによっても変わって、

それでいいんじゃないかな、と思う。

先ほどのニュースのコメントもそうなんだけれど

「ちゃんとしたほうがいい」「それは間違っている」という言葉が

多く流れているのを見ていると心が不自由になる感覚がして。

正しさで相手を縛ったり断罪していると

結局それは自分自身にも返って来て、

それをいっている自分も正しさにがんじがらめになって

息苦しく不自由になったりするんじゃないかなと思うから。

 

そんなことより、スーパーでお団子78円だったぜー!みたいな

子供心をこの年齢でも(恐らくこの先もずっと)持ち続けている

自分が自分といる時間が楽しい。子供といるのは疲れるが楽しいから。

この先も面白いか面白くないかで動いていきたいと思う。

 

そしてこういう癖を見せることを、昔は遠慮していた。

かっこ悪いしなんかうるさいこと言われそうだし。

でも私が人間のでこぼこさや歪さがある人って面白いよねと思うように

私みたいな性格を面白がってくれたり、

同じような感覚で生きてる人も存在する。

そういう人と一緒にいた方が心地良いし面白いので、

もっと自分の色を出していって、自分という色の旗をあげた方がいいと思った。

私の旗の色が気に食わなかったりしたら距離をとれる選択も相手側ができるし。

 

みなさんも、自分の癖を全開にした方が、

もしかしたら自分に合い、相手にも合う友達や仲間との出会いがくるかもしれない。

私もそんな素敵な出会いができていって

自分や相手の人生がもっと面白くなれたらいいなー!

関心を自分に向ける。

人生は有限で

そこからどんどん狭めていくと1日の時間は有限で、

自分が使えるエネルギー(精神的、肉体的体力)も有限。

 

今、やりたいことが最低でも4つある。

その4つが細かい枝葉になっていてもっと分かれる。

そうなると、時間が足りない!

 

でもその時間って、物理的な時間だけではない。

エネルギーを使うのにも有限だと感じると

どこに自分のエネルギーを使うか、という事も整理したくなる。

 

最近、より思うようになってきた。

「人を見る時間が多すぎる!」ということ。

これはネットの良きでもあり悪しきでもある。

 

自分が「なるほどなー!たしかにー!」と思える面白い情報は引き続き欲しい。

人がいるから、自分が知れる。人がいるから知らないを知れる。

 

でもネットを見ていると

SNSの人の呟きや

ニュースについてのコメント欄などもなんとなーくの流れで見る。

 

人は思う心が存在する限り、そういうコメントについて色々思ったりするものだ。

「確かにそうだな」「めちゃくちゃ偉そうだなこいつ」

「そこまで言うかね」「ふーん」など、

自然といろんな気持ちが湧き上がってくる。

これはもう仕方がないものだ。

そしてそれは無意識にでも他人を自分の価値観でジャッジしているという事になる。

 

人のことを裁く言葉がネットには溢れている。

自分の価値観という法律の名の元に。

その人の部分的な事だけを拾い上げて、断片しか知らないのに

決めつけようとする。

自分は裁く側で、裁かれる側だと思っていない。

けれどその渦中に参加している限り、

発言している全ての人が読み手により裁かれてる可能性がある。

言葉を話すというのはそういう事で、そこから逃れることはできない。

そして無意識でも人をジャッジしてる時というのは

関心がその人に向かっていて、自分の使うエネルギーもその人に向かっている

という事だ。

 

私は今、そこから外れる時間を多くしたいなと思っている。

自分の興味のあることに集中するために

人のジャッジにエネルギーを使うのを極力減らしたい。

0にはできないと思うけど減らすための工夫はできる。

それは目にする機会を物理的に減らすこと。

ニュースのコメント欄は全く見ないとか

自分ですることはコントロールできる。

人の意見を目にして心で相手をジャッジする不毛な時間を減らして

代わりにそのエネルギーを自分がクリエイトする所に注ぎ込む。

 

ニュースを目にした時、おかしいだろと思うことがあればおかしいだろと言う。

そこは無理に無にしない。

自分の心で感じたこと、

世間で何が起こっているか、そういうのは知りたいし感じたい。

けれどそのニュースを誰がどう思ったかまで知る必要はない。

そこを知って「いやいやそうでもねえよ」とか「その通りだな」などと

心を動かして(なおかつ時間も使って)一体何になっただろう。

そう思い返すと、なんにもなってない。

だったらそこの時間を減らして

ジャッジしようとする心の負荷もなくして

自分のことに集中した方が、よっぽど何かになりそう。

それは肉体作りかもしれない、音楽制作かもしれない、

料理かも、他の制作かもしれない。

ぼーっと無になる時間かもしれない。

単純に「面白くないものは見ない。

面白いことをやる。を実践してみたい。

 

 

という感じで、「自分の心を余計な場所で消耗しない」という行動をすることで

重しをひとつ減らし、軽やかになってみる生活を送ってみようと思う。

保護中: 自分で選べるものを自分色にしてみることから「自分を生きる」を育てていく。

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。